« MOTOGUZZI MY19モデル予約受付開始です! | Main | USED情報 VESPA 125 Faro Basso VN2(1957)のご紹介です »

October 13, 2019

VESPA特別仕様車のご紹介です!

皆様におかれましては迫りくる台風への対応で大変とは思いますが本日情報解禁となりました特別仕様のVESPAと一足早く販売開始されましたVESPA Sei Giorni EditionⅡをご紹介致します。

Vespaseigiorni2r3

本日情報解禁&販売開始となりましたのはVESPA Primavera S 125 ABS Special Editionです。

Primaverasse2019banner3

Vespaフリークの皆様ならもうお分かりかと思いますが今回のPrimaveraは歴代スモールフレームVespa(ヴェスピーノ)の最高傑作と言われるVESPA Primavera 125 ET3をモチーフとしています。

続きは以下をクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Primavera S 125 ABS Special Edition

Vespaフリークの皆様ならもうお分かりかと思いますが今回のPrimavera Sは歴代スモールフレームVespa(ヴェスピーノ)の最高傑作とも言えるVESPA ET3 Primaveraをモチーフとしています。

D41137127801525

初代Primaveraは以前のモデル125 Nouvaから派生したモデルです。
(上がNuova125、下がPrimavera)

Vespa125nuova

Vespa125primavera

そしてPrimaveraをベースにそれ迄のポイント点火を当時最新技術だったCDI点火とし(ET3のEはElettronicaの略)2ポートだったシリンダーの掃気ポートを3ポート(ET3のT3はTravasi3の略)にしたのがET3 Primaveraです。

今回発表されましたPrimavera Sはサンセットオレンジのボディ色に各部に配されたグレーのパーツ、そしてこれまた懐かしいサイドストライプと現行VESPAにオールドテイストを匠に取り入れています。

Primavera_s_se_c1
Primavera_s_se_kv2
Primavera_s_se_kv3

スタイリングこそ古き良きVESPAを引き継いでいますが中身は最新テクノロジーで固めたPrimavera S 125 ABS SE。最新i-getエンジン、LEDヘッド&テールランプ、12インチ化されたフロントホイール、USB電源等、使い勝手も考慮されています。

シティコミューターとしての実用性だけでは無く、ライフスタイルやファッションとしても重要なアイテムとなるスクーターとも言えるVESPA Primavera S 125 ABS SE、如何でしょうか!
(詳細は当店HPを御覧ください)※リンク先は通常のPrimaveraとなります
車両本体価格 税込み¥478,500



VESPA Sei Giorni Edition Ⅱ

過酷な6日間のレースを走り切る、50年代のモーターサイクル(スクーター)にとって其れは現代では想像を超える過酷さだったでしょう。道路事情やマシン自体の信頼性が低かった時代、そんな中VESPAは果敢にもこのレース、Sei Giorniに挑みました!

B_c2b7a614f1293db1af7422e8d00aa0ad

オリジナルのSei Giorniは当時最新のVESPA 125をベースに開発されました。
195019511952vintagevespa125v30v31v32v33  
外観こそ同じに見えますが足回り、フレーム、エンジンに至るまで流用されたパーツはごく僅かの様で大径化されたFブレーキや空気抵抗を減らすために深く絞られたレッグシールド、航続距離を稼ぐ増量タンク、そして心臓部のエンジンは後のVespa初のスポーツモデル150GSのプロトタイプとも言えるダウンドラフトタイプのキャブレターを装備していました。(サイドパネルの大きさもGSのそれです)
1952vespaseigiorni
Oradivelocitc3a0vespagroupisdt1951
Vespagroup4isdt1951
PIAGGIOが総力を上げ生産されたSei Giorniは主にバイクがメインに参加する中、部門優勝で計9個のゴールドメダルを獲得しています。Vespa SeiGiorniは約300台が生産され、派生モデルのSPORTも含めその後も多数のレースに出場しメダルを獲得した模様です。

ちなみに余談になりますがカネバンでは過去に53年式SPORTのレプリカを制作した事が御座います!
 Imagehtml  
Imagehtml2

Imagehtm3l
現在でこそSPORTやSei Giorniのレプリカパーツが出回っていますが当時は全く無くタンクや深く絞り込んだレッグシールド、スペアタイヤホルダー、ドロップしたハンドルなど全て手作業の板金で制作した思い出深い一台です。エンジンのディティールも拘りました!

なんて思い出話はさておき、肝心のSei Giorni Edition Ⅱに話を戻しましょう。
そんな伝説とも言えるモデルを現代に蘇らせたSei Giorni Edition ⅡはVESPAフラッグシップモデルであるGTS300がベースとなります。
Seigiornied2_img2
オールドVespaのアイコンとも言えるフェンダーライト上のヘッドライト
Seigiornied2_img3
クロームパイプむき出しのハンドルセンターに鎮座するアナログのメーター形状は50年代のVespaに採用されたメーターフェイスを模している所も憎い演出です。
Seigiornied2_img1
スポーツマインドを刺激するレッドステッチシングルスタイルシート(2名乗車可能)と6をナンバーをあしらったゼッケン
Seigiornied2_img4
そしてパワフルな300HPEエンジンと何処をとってもSeiGiorniの名に恥じません。
エレガントにそしてスポーティーに町中からワインディングまで颯爽と駆け抜ける姿はVespaならでは。レッグシールド内にはUSBポート装備、ABS、テールランプはLEDと安全面も抜かりありません!

スペシャリティを演出するVESPA Sei Giorni Edition Ⅱ 如何でしょうか!
詳しくは当店HPを御覧ください)展示車両あります
車両本体価格 税込み¥803.000

|

« MOTOGUZZI MY19モデル予約受付開始です! | Main | USED情報 VESPA 125 Faro Basso VN2(1957)のご紹介です »