« 厳選中古車情報です! APRILIA SPORTCITY CUBE 250 | Main | 厳選中古車情報です! »

November 13, 2015

MOTOGUZZI V7シリーズをより快適にお乗り頂く為のご提案です。

新型6速ギアボックスにABS,そしてトラクションコントロールを装備して益々乗る楽しみが増えたMOTOGUZZI V7シリーズ(V7Ⅱ)

02_v7_ii_range

当店でもご好評を頂きV7 Ⅱオーナー様が日々増えておりますが以前のV7と比べても色々な面で最適化が図られています。

一番の売りが上記しました6速ギアボックス等ですが其れ以外にもフレームとエンジン搭載位置を見直し、よりバランスの取れたハンドリングと足つき性を手に入れています。またV7 ClassicやCafeの頃はサスペンション自体のセッティングがかなり硬く道路のギャップ等では激しい突き上げを食らうなど欧州車独特のサスセッティングに悩まされましたがV7 ⅡではSTONEやSPECIALから変更を受けたサスペンション自体とエンジン搭載位置の見直しによるスイングアーム垂れ角を浅くする事に成功しリアショックへの入力をよりスムーズにする事が可能になりました。

実際にV7 Ⅱに乗ると解かるのですが初期沈み込みはそう多く無いものの市街地走行からワインディングや高速まで以前の物とは明らかに違うサスの動きが見て取れます。サスペンション自体はV7 Ⅱの前モデルのSTONEやSPECIALと変わらないのですが前途したスイングアーム垂れ角の違いから来るもので、たった此れだけの違いでこうもスムーズに動くものかと改めてサスペンションの奥深さを痛感した次第です。

上記のことから大多数のV7 Ⅱオーナー様にとって通常使用では過不足無いサスペンションですが其処は工場集荷時のノーマル・サスペンション、少しハードな走りをすると早めに音を上げてしますのも確かです。

現在のところ、悲しいかなV7シリーズに適合する社外サスペンションはそう多く有りません。当店取り扱いのIKON等は低価格では有りますが靱やかな動きでご好評頂いております。但し低価格故にスチールメッキ製の本体やセッティングの幅がやや狭くどちらかと言うとツーリングなどのロードユース寄りなのは否めません。

では、もう少しハードな使用。例えば積極的にワインディングを攻めたりクローズド・コースでスポーツ走行の様な熱い走りに応えるには・・・・・。

其処で当店からのご提案となります。
NITRON JAPAN社の協力の下、満を期してMOTOGUZZI V7シリーズ専用リアサスペンションがSTEALTH TWINシリーズとしてデビュー致しました。

Nitron2

V7シリーズをより快適にお乗り頂く為のご提案の続きは以下をクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

NITRON社製のサスペンション・・皆様が即座に思い浮かべるのが淡いグリーンのスプリングとグレーメタリックのサスペンションボディかと思います。
ひと目でNITRONと解かるカラーも捨てがたいのですがV7等のネオクラッシックなバイクには少々アンバランス。

其処でSTEALTHシリーズはサスペンション・ボディからスプリング、果てはロッドまでもブラックアウトする事によりネオクラッシックな2本サス・バイクとの親和性を高めています。これによりシックなV7シリーズにもベストマッチする訳です。

見た目こそブラックカラーでシンプルなSTEALTHシリーズですが高性能サスペンションの基本機能は十分に備えています。

1)プリロード・アジャスター
サスペンション・セッティングの基本となるスプリングレートの可変アジャスターは無断階式となります。精度の高いアルミボディから切削されたアジャストリングは動きもスムーズで即座にアジャスト可能です。

Dscf9905

2)伸/圧両効きリバウンド・アジャスター
伸側及び圧側の両方をコントロールするリバウンドアジャスターを装備。アジャストは24段階で微調整可能。

Dscf9904

3)ハイト・アジャスター(車高調整)
好みや走行シチュエーションに合わせた車高調整が可能なアジャスターを装備

4)高精度なフル・アルミ切削ボディ
高剛性、耐久性、放熱性、重量、そしてデザインの自由度を重視したフル・アルミボディは美しい造形と素晴らしい機能を兼ね備えています。

Dscf9902
以上の様にシンプルなのは外観だけでNITRON社が誇る高性能サスペンションに必要とされる機能は完璧に備えています。

当店では出来たてホヤホヤのSTEALTH TWINをV7 Ⅱに装着し実際に走行テストを行ってみました。現在はNITRON社の技術スタッフが実際にV7 Ⅱに装着試乗しセッティングした状態ですのでほぼベストセッティングと言えるでしょう。

Dscf9906

実際にライディングしてみて感じる事、其れは今まで旧型に比べ動く印象だったV7 Ⅱのノーマル・サスペンションでもはやり十分な動きをし切れていなかった事です。前途しました様にV7 Ⅱのノーマル・サスペンションも決して悪くは無いのですが高性能サスペンションはこうもスムーズに路面の情報を的確に伝え、尚且つ衝撃を優しく吸収してくれる物かと毎回驚きます。乗車した1G状態と低中速域ではあくまでソフトな乗り心地、そしてハイスピードでは路面を離さずグリップしギャップや継ぎ目でリアが暴れる印象も有りません。

お届けする際の基本セッティングは平均的な男性のソロライディングを意識していますが簡単に行えるプリロードやダンピングのアジャストにてタンデム走行や荷物を満載にした場合での対応も全くご心配は要りません。

スタイリングこそネオ・クラッシックなV7 Ⅱですが抱える心臓はあくまで回して楽しむイタリアン。ハンドリングも軽快で縦置きエンジンに有りがちな嫌な挙動も有りません。其処にNITRONのSTEALTH TWINを奢ってあげる事によって眠っているV7 Ⅱの真の姿を手に入れる事が出来るのでは無いでしょうか。

V7 Ⅱ適合のNITRON STEALTH TWINは税込み¥ 122,000となります。

Nitron2

また、よりスポーティーなピギーバック付きバージョンもご用意可能です。ピギーバック付きR3シリーズは完全独立3系統のフルセッティングが可能なハイパフォーマンス・タイプです。ロードは勿論、レースユースにも完全に対応。 此方は税込み¥189,000

Nitron1

因みにV7シリーズへの対応ですが基本的にはV7 Classic、Cafe、Racer、Stone, Specialと全年式に取付可能となります。

尚、現在当店に御座います試乗車のV7 ⅡにR1タイプを取り付けて御座います。現在V7シリーズにお乗りのオーナー様には是非ご試乗頂きノーマル・サスペンションとに違いを味わって頂ければと思います。

さて、此処まで読み進めて頂きましたお礼では有りませんがもう一つ!、V7 Ⅱにお勧めのパーツが御座います。それは・・・・・・・。

Dscf9907

そうもうお馴染みのRapid Bike Easyです。

V7を初め、あらゆるモーターサイクル・スクーターに適合し素晴らしいパフォーマンスを発揮しますRapid Bike Easyは車両のO2センサからの情報に介入しノーマルのリーン・セッティングのマップを理想空燃比に補正するアイテムです。メーカー指定の数値に合わせてカプラー・オンだけのお手軽モジュールですが乗って解かるその効果は今まで当店でご購入、お取り付け頂きましたオーナー様のインプレッションで折り紙つき。

V7 Ⅱになりよりリーンセッティングが推し進められトルク感の減少やアクセル開度に対しての唐突なレスポンスなど特に0発進時から中速域で目立つネガ要素が取り払われます。また、中速域から高速域への回転の伸びもよりスムーズになりシフトアップ時のショックも減少します。

こんな小さなBOXから夢のような効能が有ると聞くとなにやら胡散臭さ満載ですが嘘では有りません。勿論、汎用要素が大きい製品ですので車両によって効能の大小は有ります。しかし嬉しい事にV7は其の中でも誰もが乗って解かる違いを体感いただけます。

此方のRapid Bike Easyも同じく当店試乗車のV7 Ⅱに取り付けておりますのでスムーズなエンジンフィーリングをお試し下さい!!

最後にNITRON STEALTH TWIN リアショックは近日中に当店WebShopにてご購入頂ける状態になりますのでいま暫くお待ち下さいませ。また店頭でのご購入受付も承っておりますのでご試乗頂きそのままオーダー! お待ちしております。

|

« 厳選中古車情報です! APRILIA SPORTCITY CUBE 250 | Main | 厳選中古車情報です! »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/62663693

Listed below are links to weblogs that reference MOTOGUZZI V7シリーズをより快適にお乗り頂く為のご提案です。:

« 厳選中古車情報です! APRILIA SPORTCITY CUBE 250 | Main | 厳選中古車情報です! »