« 準備はOKですか? レッグカバーの季節がすぐ其処まで来ています | Main | MOTOGUZZI & APRILIA 試乗会 『MOTO LIVE in Hakone』おお知らせです。 »

October 01, 2015

V7 STONE RECORD LIMITED 中古車のご紹介です。

国内でもマイナーチェンジ版となりますV7 Ⅱの販売が開始されましたがマイナーチェンジ前のV7 STONEをベースに当店にてカスタム致しましたV7 STONE RECORD LIMITEDの中古車をご紹介致します。

此方のV7は通常のRECORDモデルを更にカスタマイズし、よりクラシカルな雰囲気に仕上げた1台となっております。

新車ベースでこの内容のカスタムを行いますと可成りの費用が掛かりますのでそういう意味でも大変お勧めの1台となっております。

Cimg8540

V7 STONE RECORD LIMITED 中古車の詳細は以下をクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

MOTOGUZZI V7 STONE RECORD LIMITED 走行2,050km 車検H30.1
税込み車両本体価格 ¥1,100,000 諸費用別途

元々、当車両は当店デモ車として使用しておりました為に履歴、車両状態等も折り紙つきとなります。勿論、1000km走行時には初回点検(GUZZI社指定のヘッド増し締め含む)を行っておりますのでこれから先も安心してお乗り頂けるかと考えます。

Cimg8540_2

Cimg8512

 

車両の詳細ですがボディカラーはV7 Cafe純正色のレニャーノ・グリーンでペイント。特にカウル内部もゲル仕上げのままとせずにきちんとブラックにて仕上げております。実車をご覧頂ければペイント部門を自社で持つ当店ならではの拘った塗装だとお解り頂けるかと思います。

Cimg8534

タンクとサイドカバーには往年の名車V7 SPORTのリプロデカールをあしらいクラシカルな雰囲気に仕上げました。

Cimg8520

Cimg8521

また本来ブラック仕上げのマッドガード類はフロントはステンレス製ショートタイプに、リアはFRP製ショートタイプを当店自慢の高輝度メタリックで施工し前後のバランスを取っています。特にリア回りはCEVタイプのテールランプを取付けましたのでノーマルに比べ可成り引き締まった印象になりました。

Cimg8525

MOTOGUZZIを象徴する縦置きVツインのシリンダーヘッド部分にも一工夫しております。本来は素っ気ない黒プラ製のプラグカバーも高輝度メタリックに塗装。そしてお約束のグッツィガードはヴァイタルスピリット製を取り付けております。

Cimg8519

更に本車両にはETC車載器も取付済みですので高速を使ってのツーリングにも即答えてくれます。
シートはSTONEのノーマル・ダブルとCafe用シートをお付け致しますので其の日の気分で使い分けて頂く事も可能で御座います。

Cimg8502

Cimg8545_2

如何でしょうか、当店ならではのカスタム満載の1台。当店でもRECORDは数多く制作させて頂いておりますが此れと同じ車両に出会うことは先ずあり得ないでしょう。

また、現状ノーマルのサイレンサーをMISTRALLaFranconiにする事でスタイリングだけでは無くエキゾーストノートまでよりGUZZIらしさを演出する事も可能です。
納車整備時であればサイレンサーその他パーツなど基本的には工賃サービスにて対応させて頂いておりますのでご希望御座いましたらお気軽にお申し付け下さいませ。

現車は店頭展示しておりますので店頭にてご商談お待ちしております。

また遠方のお客様やお時間が無くご来店が難しいお客様の場合はFAXやメールにてのお見積りも致しますので合わせてご検討のほど宜しくお願い致します。

★画像に御座いますセンタースタンドは付属致しません★

|

« 準備はOKですか? レッグカバーの季節がすぐ其処まで来ています | Main | MOTOGUZZI & APRILIA 試乗会 『MOTO LIVE in Hakone』おお知らせです。 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/62390980

Listed below are links to weblogs that reference V7 STONE RECORD LIMITED 中古車のご紹介です。:

« 準備はOKですか? レッグカバーの季節がすぐ其処まで来ています | Main | MOTOGUZZI & APRILIA 試乗会 『MOTO LIVE in Hakone』おお知らせです。 »