« TUONO V4R APRC ABS クールデビルモデルのご紹介です! | Main | 最新中古車情報です。 »

July 06, 2015

MOTOGUZZI ∨7シリーズ用 油圧クラッチ制作中です!

うっとおしい梅雨時期で皆様もバイクやスクーターに乗るき機会が自ずと少なくなりがちかと思います。

バイク屋と言う商売柄か雨が降りますとメンテナンス等でご来店頂くお客様も疎らで忙しさも半減します。しかしこういう時こそ普段なかなか時間の取れない新製品の開発やテスト等行わせて頂いております。

そんな中、今回テスト中なのがMOTOGUZZI V7シリーズ用の油圧クラッチとなります。

V7は昔ながらのワイヤー引きクラッチ。構成部品が少なくメンテンナスが容易ですのでクラッチワイヤーが切れない限り大きなトラブルとは無縁です。しかし好みのクラッチミートタイミングへの調整が少し難しかったり、若干クラッチ操作が重く感じる方も多い様です。

其処で従来から当店では手の小さな女性や少しでもクラッチ操作を軽くするべくアジャスト機構付きのレバーもご用意しておりますが其れも完璧な訳では有りません。

現在制作中で近日中には販売を考えております油圧クラッチは操作感の更なる軽快化と微妙なクラッチワークを実現するパーツとなります。

Dscf9396

V7シリーズ用 油圧クラッチの続きは以下をクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

現在、当店取り扱いのアプリリアのバイクを初めMOTOGUZZIもSPORTやGRISOでは当たり前の様に油圧クラッチが取付られています。油圧クラッチのメリットとしてはレバー操作が軽く、クラッチを切ったりレリーズする際の操作量がワイヤーに比べ少ないなどが有ります。

V7のワイヤークラッチは重たい部類には入らないと個人的には思いますが、長距離ツーリング等ではボディブローの様に徐々に重たさが堪える様で当店のお客様からもクラッチの重たさに関しては以前よりもう少しどうにかならないかとご相談を頂いておりました。

Dscf9391

Dscf9388

テスト中の油圧クラッチですが当店試乗車のV7 Racerに既に装着済み。現在は販売するに当たり細かいパーツの素材や精度に関してテストを行っております。当店試乗車に装着しております油圧クラッチはあくまでテスト・タイプですので細かなパーツ等、販売時とは異なりますがノーマルに比べ明らかに軽くなったクラッチレバーの操作感は必ず体感頂けると思います。

Dscf9396_2

使用するマスターシリンダーは4段階レバーアジャスト付きですが一番レバーを近づけた状態でもクラッチは軽く確実に切れます。また半クラッチもワイヤー式より微妙な操作が可能です。

Dscf9392

また当店ではホースも拘りのFREN TUBOを使用する予定です。FREN TUBO製カーボンホースは従来のステンメッシュホースに比べ少々値は張りますが、軽く柔軟性に富み繊細なレバー操作を妨げない優れたホースとなっております。

尚、販売価格ですが必要パーツ一式に取付工賃も含め、税込み¥65,000程を予定しております。

取付工賃込みとさせて頂きましたのは、取付に際し加工が必要な事と車両個体差が有るためにボルトオンが不可能な事が理由となります。

現時点ではテスト中に付きご予約などは承っておりませんが販売開始時には当店Twitterや此方のブログにて再告知をさせて頂く予定で御座います。

其れまでは当店試乗車のクラッチをニギニギして頂いてお待ち頂ければ幸いです。

|

« TUONO V4R APRC ABS クールデビルモデルのご紹介です! | Main | 最新中古車情報です。 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/61845888

Listed below are links to weblogs that reference MOTOGUZZI ∨7シリーズ用 油圧クラッチ制作中です!:

« TUONO V4R APRC ABS クールデビルモデルのご紹介です! | Main | 最新中古車情報です。 »