« 2014年SBK選手権はM・メランドリ選手とNOLANヘルメットに注目です! | Main | アプリリア SR MAX 125ieのご紹介です。 »

January 10, 2014

新年の御挨拶とPIAGGIO X10 350i.e.EXECUTIVE

大変遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
新年早々沢山のお客様に御来店頂き嬉しい悲鳴をあげておりますが、その忙しさを理由にBlog更新が思う様に進んでおりませんが、御紹介したい車両やアクセサリー等も御座いますので、2014年はもうすこし更新の頻度を上げて行きますので御期待下さい。
本日ご紹介させて頂くのがPIAGGIOのラグジュアリーGTスクーター、X10 350i.e.Executiveです。
PIAGGIO社のフラッグシップモデルだけあってデザイン、エンジン、装備はかなり気合がはいっています。

Cimg1806

日本製ビックスクーターには無い気品あるデザインとエアロダイナミックスを両立させた外観、パワフルかつ低燃費な心臓部、大容量のラゲッチスペース、フロントホイールに走破性の高い15インチを採用し、低重心、ロングホイールベース、強固なフレームにストロークの長くしなやかに動く前後サスペンション、安全性を考慮しABS、トラクションコントロールも装備したX10 350 ExecutiveはPIAGGIO社がこの車両に掛ける意気込みがヒシヒシと伝わって来ます。

Cimg1816

Cimg1834

フルフェースとジェットヘルメットが収納可能なシート下ラゲッジスペースはイタリアンスクーターの中では大容量の52ℓを誇ります。
(ヘルメットの形状、サイズ、種類によっては収納出来ないものも御座います)

Cimg1837

この車両に関してはグローブボックス左側に2輪車専用ETC車載器を配置しました、画像では全く見えませんが、ボックス右奥にはシガーソケットを標準装備しています。

Cimg1839

Cimg1840_2

ボックス左側にはUSBポートが標準装備です。

Cimg1846

Cimg1831

PIAGGIO製新型エンジンは330ccと排気量こそ少なめですが、馬力は33.3HPと国産400ccスクーターを凌駕するスペックを持っています。
装備重量でも210㎏足らずと軽い車両重量と相まって、気品ある見た目からは想像できない加速、走りが楽しめます。
勿論パワフルな走りだけでは無く、左手元のモードスイッチでECOモードにする事で低燃費走行も可能です。

Cimg1820
X10は前後連動ブレーキを採用しフロントは280mmダブルディスク、2ポットキャリパー、リアブレーキには240mmシングルディスクに2ピストンキャリパーを備え、なっておりストッピングパワーは絶大です。
安全装置として、ABS(アンチロックブレーキシステム)とASR(アンチスリップレギュレーション)を装備し転倒リスクを軽減しています。
特にASRは荒れた路面や濡れた路面で発進時のスリップを防いでくれるのはエンジンパワーがあるX10にはあると安心な装置です。

Cimg1814

Cimg1825

美しいデザインのヘッドライトにはデイタイムLEDライト、テールもLEDが採用されています。
(この車両は別途ヘッドライトロー側にHIDを取付させて頂きました。)

Cimg1810_2

Cimg1829_2

Cimg1844

今回納車させて頂いた車両は、GIVI製X10専用アジャスタブルスクリーン、GIVI製X10専用トップケースベース、GIVI製B47TECHモノロックケース、スポーツグリップヒーター、HONDA製G3ナビゲーション等を取付させて頂きました。
PIAGGIO X10 350i.e.Executiveは通勤、近所への買い物、ロングツーリング、タンデム走行全てをパーフェクトにこなしてくれる優等生なのです。

|

« 2014年SBK選手権はM・メランドリ選手とNOLANヘルメットに注目です! | Main | アプリリア SR MAX 125ieのご紹介です。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/58913518

Listed below are links to weblogs that reference 新年の御挨拶とPIAGGIO X10 350i.e.EXECUTIVE:

« 2014年SBK選手権はM・メランドリ選手とNOLANヘルメットに注目です! | Main | アプリリア SR MAX 125ieのご紹介です。 »