« December 2013 | Main | February 2014 »

January 2014

January 26, 2014

最新中古車情報です!!

昨日Twitterでもお知らせ致しました、最新中古車情報をお届け致します。

今回入庫した中古車は計2台、人気のジレラ・ランナーST125と新車販売間も無く中古車市場にも殆ど出回っておりませんアプリリア・SR MAX300ieとなります。

Dscf7038

Dscf6990

2台共に程度も良く大変オススメの車両となります。

詳しいディティールは下記をクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Continue reading "最新中古車情報です!!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2014

APRILIA SR MAX 300カスタム

本日はAPRILIA SR MAX 300のカスタム車両を御紹介致します。
APRILIA SR MAX 300は軽量な車体にパワフルなエンジンを搭載し、様々なシチュエーションで安定した走りが評判の車両です。
昨年末に納車させて頂いたSR MAX 300は、SR MAXの持つスポーティーなデザインをさらに際立たせるべく、オーナーのK様指示の元にカスタムを行いました。

Cimg1925

Continue reading "APRILIA SR MAX 300カスタム"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 12, 2014

アプリリア SR MAX 125ieのご紹介です。

国内販売開始から少々時間が経ってしまいましたがアプリリアが放つスポーツスクーターSRシリーズの最新機種で有るSR MAX 125ieをご紹介致します。

経済性や使い勝手の良さで注目を集める原付き2種(125cc)スクーター。今や町中で最も頻繁に見るスクーターと言っても過言ではなく国内外メーカーによる激戦区となっています。

但し、同じ排気量と言うだけで国産125と海外製(主にイタリア)125では大きな違いが有ります。その違いの最たるものが車体の大きさではないでしょうか。

日本での125の使われ方は高速を使わない近距離の移動や毎日の通勤通学が主な用途の為、既存の50ccスクーターをベースに最高速は余り高くなくとも信号から信号までの短い区間を素早く加速すればOK。そして駐車スペースやすり抜け等を考え車体は出来るだけコンパクトに。ある意味日本において究極の進化をしたスクーターの一つかも知れません。

変わってヨーロッパでの125ccは免許制度も関係して若年層に支持されるスポーティーな面を意識して作られている物が多数です。そして国産車との最大の違いがベースとなる車両が50ccでは無くそのカテゴリーの最大排気量モデルの車体に排気量の小さなエンジンを載せている事です。要はベース車両を下位機種とするか上位機種とするかの違いなのですがよく言われるイタリアン・スクーターの原付は国産原付に比べて車格が大きいと言う事も納得頂けるかと思います。

ともするとチープな印象になりがちな原付き2種スクーターの中にあって本日ご紹介するアプリリア・SR MAX 125ieはイタリアン原付き2種のフラッグシップとして今までの原付き2種スクーターの観念を覆すモデルとなります。

アプリリア歴代スポーツ・スクーターだけに与えられるSRの称号+MAXは伊達では無いのです!

Dscf6912

Continue reading "アプリリア SR MAX 125ieのご紹介です。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2014

新年の御挨拶とPIAGGIO X10 350i.e.EXECUTIVE

大変遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
新年早々沢山のお客様に御来店頂き嬉しい悲鳴をあげておりますが、その忙しさを理由にBlog更新が思う様に進んでおりませんが、御紹介したい車両やアクセサリー等も御座いますので、2014年はもうすこし更新の頻度を上げて行きますので御期待下さい。
本日ご紹介させて頂くのがPIAGGIOのラグジュアリーGTスクーター、X10 350i.e.Executiveです。
PIAGGIO社のフラッグシップモデルだけあってデザイン、エンジン、装備はかなり気合がはいっています。

Cimg1806

Continue reading "新年の御挨拶とPIAGGIO X10 350i.e.EXECUTIVE"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2014

2014年SBK選手権はM・メランドリ選手とNOLANヘルメットに注目です!

昨年のSBK(ワールド・スーパーバイク選手権)でのアプリリア・ワークスはマニュファクチャラー・タイトルこそ獲得したもののライダーの年間チャンピオンはカワサキのサイクス選手に奪われると言うなんとも悔しい結果に終わりました。

前半はアプリリアでの初年度となったギュントーリ選手が波に乗り、追うラバティ選手も着実にポイントを重ね2年連続のダブル・タイトルも夢ではありませんでした。

しかし後半戦、好調なギュントーリ選手が怪我で後退する間にシーズン通して好調なカワサキのサイクス選手にトップを奪われましたが鬼神の追い上げを見せたラバティ選手の検討により上記した様にマニュファクチャラー・タイトルは死守しました。

変わって今季、ラバティ選手と入れ替わる形でアプリリア・ワークス入りした選手がマルコ・メランドリ選手です。そしてメランドリ選手が愛用するヘルメットが当店取り扱い開始からご好評頂いているNOLAN(X-Lite)ヘルメットなのです。

Marcomelandriaprilia2013sbk1

78448_1_l

詳細は以下をクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Continue reading "2014年SBK選手権はM・メランドリ選手とNOLANヘルメットに注目です!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »