« WebShop商品再入荷情報 | Main | サーキット走行会のお知らせです。 »

February 13, 2013

2013榛名冬耐

忙しさにかまけて遅くなってしまいましたが、2月3日に行われました2013年榛名冬耐の模様をご紹介致します。

Dsc_8041_2

当店からはRS4 125が2台参加しました。
イエローに輝くビジュアル系カネバンレーサーに乗るのは、昨年のSS125最終戦で「たなぼた」とは言え念願の表彰台に上がったエースライダー工場長と、昨年からサーキット走行にハマっているAPRILIA SHIVER乗りのY氏。
普段当店の試乗車に使用しているRS4 125に乗るのは、昨年の夏耐以来のサーキットとなる店長とサーキット走行初となるC様です。

Dsc_8049_2

 

Dsc_8036

ブルドッカータゴスさんのテント横に居候させて頂き準備を整えます。
いつも快く場所を提供してくれるタゴスチームの皆様ありがとうございます。
都◎さんこのご恩は緑町でいつか返させて頂きます。

練習走行を終え、いざ本番。
スタート前のウォームアップランで店長が転倒した事は、可哀そうなので触れずに話を進めます。

Dsc_8109

前半30分は工場長が走行。

Dsc_8176

Y氏を大人げない走りで追走するPGJのO氏。
走り慣れない車両でのサーキットに戸惑っていたY氏ですが、次第に慣れて来たのか中盤から順調にタイムアップしましたが、終盤は集中力が切れてしまった様で残り5分といった所で転倒、車両の破損確認の為ピットインしましたが問題なかったので工場長にバトンタッチしチェッカーとなりました。

Dsc_8741

前半は店長が走行。ウォームアップランでの転倒といった大失態がトラウマになり、前回の夏耐のタイムを大幅に下回りながら走行し、C氏にバトンタッチ。
サーキット走行初とは思えないライディングフォームのC氏は、順調に走行しそのままフィニッシュ。

Dsc_8672

レースはPGJチームとモトイタリアーナ東京足立ことDGカンパニーチームが熾烈な優勝争いに。DGチームが一歩リードし、そのまま逃げ切りの展開を誰もが予想していましたが、ラスト5分でDGさんのメカF氏が1週50秒を切ってしまう痛恨のミス?でピットスル―ペナルティーに(冬耐のルールでSS125クラスは、50秒を切ってしまうと強制ピットインとなります)まさかRS4 125で超えられなかった50秒の壁がここで超えてしまうとは本人も驚いたそうです。DGチームピットインの隙に、PGJチームがトップに躍り出てそのままチェッカー。

Dsc_8927

SS125クラスの結果はPiaggio Group Japan Aprilia Racingチームが優勝、昨年の冬耐から破竹の耐久レース3連勝。2位はおしくも優勝を逃したDGW栄えるだよ!チーム、3位はと◎さんが第1ライダーを務めたゼッケン39番RS4と1位~3位までをAPRILIA RS4 125が独占致しました。
カネバンチームはと言いますと・・・・SS125クラス最下位とブービーと大変残念な結果でしたが、一緒に走ったお客様には非常に喜んで頂けたのがせめてもの救いです。
サーキット走行初の方から、国際免許保持者まで楽しめるSS125ですが、シリーズ開幕戦は3月24日(日曜日)となっておりますので、奮ってご参加下さい。
「参加してみたいけど自走での参加が辛い」、「どんなツナギを買って良いか分からない」等でレース参加の二の足踏んでいる方些細な事でも構いませんので是非御相談下さい。
(早く走りたいといった御相談は残念ながらお受けできません・・・)

|

« WebShop商品再入荷情報 | Main | サーキット走行会のお知らせです。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/56737089

Listed below are links to weblogs that reference 2013榛名冬耐:

« WebShop商品再入荷情報 | Main | サーキット走行会のお知らせです。 »