« アプリリア・RS4専用スリップオンエキゾースト続々入荷です! | Main | APRILIA TUONO V4 FACTORY aPRCカネバンオリジナル仕様 »

July 20, 2012

MOTO GUZZI GRISO 8V SEカスタム車両

本日は今週末納車させて頂く予定の車両をご紹介致します。
海外では事例の多いMOTO GUZZIのカスタムですが、日本ではV7シリーズのカスタムあhここ最近になって多くなってきましたが、MOTO GUZZI GRISOや1200SPORT等の1200ccエンジンを搭載したモデルのカスタム例はあまりなかったと思います。
今回はお客様のご要望に沿ってMOTO GUZZI GRISO 8V SEをベースにカスタムを進めさせて頂きました。

Dscf1351

元々GRISO 8Vにボディーカラーレッドの設定は有るのですが、今回は8V SEにしか付いていないスポークホイールとブラウンのシートに拘って8V SEをベースにしました。
(シートは車両を組み上げた後、ボディーカラーとブラウンシートが合わないと言う話になって張り替えてしまいましたが・・・・)

Dscf1349

トップブリッジ、ハンドルクランプ等はブラックアルマイト加工をし、ヘッドライトリム、ヘッドカバー、メーターリム等は艶無しのブラックで塗装しました。

Dscf1392

ボディーカラーのレッド、フレーム、ホイールのブラックの2色で統一してみたようと考えましたがま、GRISOの特徴であるのピカピカした太いエキゾーストパイプを生かすとなると、多少メッキやステンレスパーツ、シルバーのアルミパーツもバランスよく残した方が良いと判断し、ステップ、タンデムステップ、ヒールガード等はあえてブラックアウトせずに残しました。

Dscf1374

Dscf1378

マフラーはミストラル、トルクロッドはレッドアルマイトが掛かった社外品、テール廻りをスッキリとさせたかったのでフェンダーレスキットを取り付けましたが、取り寄せた物が上手く付かなかったので、LLSのカーボンフェンダーレスキットと2個1にしました。
塗装したタンク、シートカウルにはSE仕様同様のラインでステッカーを製作し張り付けました。

Dscf1380

Dscf1382

ハンドルバー、グリップ、バーエンド、ウインカー、ミラーはRIZOMAをチョイス、フロントブレーキレバー、クラッチレバーは手持ちで持っていたアジャスト式の物を取り付けました。
ハンドルバーをRIZOMAにした事で、ハンドル幅を少し狭くし、さらにハンドルを少し手前にする事で、ノーマルハンドルに比べ楽な乗車姿勢になりました。

Dscf1384_2

シートは先にも書きましたが、8V SEのブラウンシートそのままで行く予定でしたが、しっくりと来なかったので、ちょっと厚みのあるシートをあんこ抜きし、サイドはブラック、座面はアルカンターラーで張替ました。

Dscf1360

Dscf1385

ヘッドライトはHID6000Kを取り付け、いまや大型オートバイには必需品とも言える2輪車専用ETC(アンテナ、本体別体型)、DAYTONA製デジボクアラームも取り付けさせて頂きました。まだ入荷していない部品もありますが、これからもコツコツと仕上げてより理想の形に仕上げて頂ければと考えております。
余談ですがGRISO 8V SEのオーナーは店長石田の昔からの知り合いなんですが、20年コツコツと積み立てたお金が満期となりそのお金をつぎ込んで頂いたとの話でした。
思えば昔から堅実なお金の使い方をするとは思っていましたが、自分には全くない部分で見習わなければと思いましたが、これから今まで御生活を悔い改め20年間コツコツためても60歳、オートバイにつぎ込む程元気が有るか?ガソリンエンジンが健在なのか?の方が心配です。

|

« アプリリア・RS4専用スリップオンエキゾースト続々入荷です! | Main | APRILIA TUONO V4 FACTORY aPRCカネバンオリジナル仕様 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MOTO GUZZI GRISO 8V SEカスタム車両:

« アプリリア・RS4専用スリップオンエキゾースト続々入荷です! | Main | APRILIA TUONO V4 FACTORY aPRCカネバンオリジナル仕様 »