« APRILIA RSV4 FACTORY APRC SPEC 2012SBKカラー登場 | Main | MOTO GUZZI V7 Cafe Classic スペシャルエディション »

June 01, 2012

GILERA RUNNER ST200カスタム車両

早い物で今日から6月梅雨の季節目前ですが、今月3日のハルナでRS4のレース、6月17日には群馬モーターサイクルフェスタ2012出展やらイベント目白押しとなっております。
特に群馬モーターサイクルフェスタは前回参加させて頂き反響が有ったイベントですので、詳しい内容等はこのBlog等で御紹介させて頂きますので御期待下さい。

本日はカスタムを御依頼頂く事の非常に多い、GILERA RUNNER ST200をご紹介致します。色々な箇所に手が入ったRUNNER ST200、画像多めでご覧下さい。

Dscf1011

Dscf1009

当店オリジナルのフロントサイドパネル、スクリーンを取り付け、ノーマルのST200と比べよりシャープな印象にしました。
ヘッドライトにはHID、ミラーはDAYTONA製パラレルミラー、バーエンドはRIZOMA、ハンドルグリップはAPRILIA RSV4純正品に変更しました。

Dscf1016

フロントには当店オリジナルのBREMBO4ポットキャリパーキットを取り付けましたが、キット内容のBREMBO4ポットキャリパーでは飽き足らず、BREMBOのビレットキャリパーに変更しました。(オリジナルブレーキキットの倍近い値段がします・・・)
それに合わせてノーマルのブレーキホースから、FREN TUBOカーボテックブレーキラインに変えました。

Dscf1005_2

Dscf1022

リアショックはBITUBO、マフラーは最近発売になりましたLeo Vince EVOⅡフルエキゾーストを装着、今回取り付けたのはカーボンですがその他にステンレスタイプの物も御座います。音は非常にマイルドですが、サーキット等走行の際には2か所あるバッフルを外す事で鋭い吹け上がりを約束してくれます。価格も非常にお手頃で作りも良いので、これからRUNNERへの装着率が上がるこの間違いないマフラーです。

Dscf1015

リアキャリアを外し、穴の空いたテールカウルはRSTのカウルに変更、リアウインカーはRIZOMAのZERO11、駆動はMALOSSIを装着済みです。
オーナーで、KAWASAKI Zマニア、店長の小学校の先輩でもあるCさんのお話では、近い内に、フェンダーレスキットビレットレバーを装着とのお話です。このCさんGP800もお持ちですのでその車両もカスタムをなんてお話も伺っておりますので、近いうちにGP800のカスタム車両もご紹介出来るかもしれません。(なんて言ってプレッシャーをかけております)

|

« APRILIA RSV4 FACTORY APRC SPEC 2012SBKカラー登場 | Main | MOTO GUZZI V7 Cafe Classic スペシャルエディション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/54851442

Listed below are links to weblogs that reference GILERA RUNNER ST200カスタム車両:

« APRILIA RSV4 FACTORY APRC SPEC 2012SBKカラー登場 | Main | MOTO GUZZI V7 Cafe Classic スペシャルエディション »