« マロッシ商品入荷情報です。 | Main | APRILIA AUTUMN CAMPAIGNのお知らせです。 »

October 15, 2011

MOTOGUZZI V7Classicパーツぞくぞく入荷中です!

今年からカネバンで取り扱い開始しましたMOTOGUZZIですが、お陰様でV7Classicシリーズを筆頭に順調な滑り出しとなっております。

販売間もないV7Classicシリーズとは言えぼちぼちと社外パーツも揃いだし、実用的な物からカスタム色の強い物とまだまだ少ないながらも魅了的なパーツが発表されています。

カネバンでも少しずつですがV7Classicシリーズをより楽しく乗って頂こうと此等のパーツをご用意致しました。弱小カネバンですので大量入荷とは行かずご迷惑をお掛けすると思いますが、琴線に触れるパーツが御座いましたら是非ご検討下さいませ。

それでは現在カネバンで取り扱っておりますV7Classicシリーズ用パーツをご紹介致します。

Photo

その1 La Franconi スリップオンサイレンサー(V7 Classic専用)

Dscf3894

Dscf3899

昨今の国産車に比べ車検ギリギリセーフとも言える排気音を奏でるイタリア車。私どもも車検の度にヒヤヒヤしっぱなしですが、以外や以外V7Classicシリーズは比較的大人しい排気音を奏でます。勿論、厳しいEURO3をパスした車両ですから往年の名車と比較すれば大人しい排気音も致し方無い所です。
もちろんノーマルでもGUZZIらしい鼓動感は十二分に感じて頂けますが、より一層魅惑的なGUZZIサウンドを奏でて頂きたくご用意しましたのがGUZZIと言えばのLaFranconi製サイレンサーです。

本体はヘアライン加工されたステンレス製。そしてエンドはLaFranconiを印象付ける赤いプロペラフィン。そして肝心なサウンドは!もう何も言うことは有りません、これぞLaFranconi、これぞGUZZI!! ノーマルに比べるとかなり威勢の良い音量ですが往年のGUZZIを思わせる歯切れの良さやパンチの効いた鼓動感はアクセルを煽る度に刺激を与えてくれる事でしょう。


そしてサイレンサーを変えた際にお勧めするのが此方!
その2 ステンレス製センターパイプ (V7 Classic・Cafe/Racer専用)

Dscf3901

此方の製品は左右のエキゾーストパイプを繋ぐジョイントパイプとなります。ノーマルから交換するだけで歯切れのよいサウンド&レスポンスを体感頂けます。もちろんノーマルマフラーでの使用もOKですので余り派手な排気音はNGだけどもう少しパンチが欲しい方にもお薦めです。ラムダセンサーも取り付け可能で燃調が狂う心配も有りません。

そして意外と知られていないのが此のパイプに変えるとギアオイルの交換が物凄く楽になります。ノーマルパイプはかなり太いためギアオイルドレンボルトに干渉してオイル交換が面倒なのです。オイル交換を楽にする為だけに交換するのもナンですがこんな恩恵も有る製品です。



その3 大型スクリーン (V7 Classic専用)

Dscf02361_2

 

Dscf0235

此方はClassic専用品となる大型スクリーンです。これからの季節や高速ツーリングの強い味方となる事確実!!
スクリーン本体の形状はオールドテイストな味付けでClassicの外観をスポイルすること無く絶妙なマッチングと言えます。もちろん見た目だけでは有りません、スクリーン角度は3段階調整可能。またスクリーンの透明度も高く厚みも十分、ステー類も錆に強いステンレス製となります。
当店イチ押しヘプコ&ベッカー製パニヤケースとの相性もバッチリですのでV7Classicで優美なツーリングを計画されている方にお薦めの一品で御座います。


その4 Bituboリアショックアブソーバー(V7 Classic・Cafe・Racer専用)

Dscf3572

Dscf3573

V7ClassicやCafeに採用されているノーマルサスペンションは欧米人の2人乗を基準に作られている為に平均的な日本人のソロライディングにはやや固い印象が有ります。プリロードを一番減らした状態でやっと動いてくれてるといった状態ですから、市街地走行はもとより高速走行時の突き上げ感から来る疲労も馬鹿に出来ません。

其処へご紹介するのがBitubo製リアショックアブソーバーです。この製品、実はV7 Racerにも採用されている物と同等品なのです。外観上の違いはリザーブタンクのステッカー位で他は全く同じでスペック的には

★無段階プリロードアジャスター
★12段階の圧縮側アジャスター
★5段階リバウンドアジャスター

と、かなり贅沢な仕様となっております。
見た目もクローム等を使わずガンメタとブロンズの中間色と言うようなカラーリング。
とかく存在を主張したがるサスペンションが多い中、縁の下の力持ちを自覚した渋いヤツです。
価格もフルスペックのツインショックとしてはお求めやすい設定ですのでより人馬一体を目指すなら是非ご検討下さい。


その5 センタースタンドキット(V7 Classic・Cafe・Racer専用)
300011008

Dscf0229

これは説明の必要も有りません、そのままセンタースタンドキットです。ご存知の通りV7Classicシリーズにはセンタースタンドが標準装備されていません。通常使用で有ればあまり気になりませんが、オーナー様自らメンテナンスをされる場合には強い味方になるでしょう。

例えばオイル交換等が筆頭です。正しいオイル量を入れるためには車両を直立状態にする必要が有りますがサイドスタンドだけでは意外と大変です。誤って大切なV7Classicを倒してしまうなんて悲惨な事も起こりかねません。
もっと単純な作業でも恩恵は有ります。愛車を磨くのも楽しい時間ですがサイドスタンドだけですとホイールを掃除するのが意外と大変!特にスポークでクロームリムのV7Classicは尚更。センタースタンドが有ればホイールも簡単に動かせますのでお掃除が楽チンです!



その6 バックステップキット(V7 Classic・Cafe・Racer専用)

Dscf3940

Dscf3983

Dscf3984

V7Classicシリーズのフットレストは椅子に座る様なポジションの為、腕に負担が掛からないのが良い所です。反面シフトストロークが深くダイレクト感が薄い事も確か。またCafeではクリップオンハンドルにもかかわらずフットレストポジションが同じな為、ちょっと違和感が有ります。

そんな時にお薦めなのが此のバックステップキットです。製造は純国産(リトモ・セレーノ製)ですので細かな配慮も行き届きシフトタッチの向上は勿論、NCマシニング削り出し加工とする事でノーマル比約1kgもの軽量化を実現しています。
また、以外かと思われるかも知れませんがRacerへの取り付けもお薦めです。上記理由によりRacerのノーマルバックステップより格段に良好なシフトフィーリングはV7を操る楽しみをきっと倍増させてくれる筈です。


その7 エンジンガード(V7 Classic・Cafe・Racer専用)

Dscf3761


Dscf4022

通称、GUZZI GUARDと呼ばれる製品です。GUZZI独特の左右に張り出したシリンダーは唯一無二の存在感をアピールしてくれますが一転転倒時にはシリンダーフィンの欠けが起こり易かったり、最悪の場合スパークプラグが破損して走行不可能になってしまいます。そんな事故を未然に防ぐ為にシリンダーヘッドへ装着するパーツです。

転ばぬ先の杖的なパーツですが機能以外のアクセサリー要素も兼ね備えています。
上の画像のガードはNC削り出しによる製品でV7Classic,Cafe,Racer全てに適合しております。カラーはレッドの他、ブラックもご用意可能ですので愛車のカラーに合わせてご選択頂けます。
下の画像の物はクロームパイプで製作されたガードです。削り出し製に比べるとシンプルですが余り主張せずクロームであるが故にクラッシクな雰囲気にもピッタリかと思います。但しこちらはRacer専用となりますのでClassic,Cafeにはご利用頂けません。(Racer専用タペットカバーが必要な為)

その8 アルミ鋳造オルタネーターカバー(V7 Classic・Cafe・Racer専用)

Dscf4016

Dscf4209_2

此方は完全な見た目重視のアクセサリーとなります。V7Classicシリーズに採用されるカバーは色気も無い黒プラスチック製。ブラックを基調としたエンジンですので特に目立つわけでも無いので気にはなりませんが其処は歴代GUZZIの如く光輝かせてあげたい所です。
此方のパーツはアルミ鋳造品をバフ磨き処理した物となります。重量こそ増えてしましますがワンポイントアクセサリーとして雰囲気を盛り上げてくれること間違い有りません。

その9 ロケットカウル・キット(V7 Cafe・Racer専用)

 

Motoguzzi

殿を努めますのは実はまだ入荷前の商品だったりします・・・・・・。

今頃、遠くイタリアはマンデロからお船に乗ってドンブラコ・・では無く飛行機で成田へ向かっている最中かと思いますが居ても立ってもいられすフライングでご紹介します!!

V7Classic Cafeがリリースされた頃から多くなってきたお問い合わせが此のロケットカウルなのです。私的にはGUZZI=ロケットカウルと言う印象は無いのですが(ロケットカウルと言えば某メーカーのイ○ラカウルですよね)矢張りカフェレーサールックの車両にはロケットカウルが似合うと誰もが考える所なのでしょう。

実はカネバンでも一時期ロケットカウルキットを自製しようと企てたのですがステーの取り出し方法や色々な面で断念しておりました。其処へ決定版とも言える内容のキットリリース情報が有り早速当店取り扱いの準備を進めて参りました。

実際の所、現物が未着ですので何もご説明出来ないのですがきっとご満足頂ける物と確信しております。既に当店でRacerをご購入頂いたオーナー様よりオーダーを頂いておりますので近いうちに装着例としての実写画像をお届け出来るかと思います。

その日までもう暫くお待ち下さいませ・・・・・・・・。

以上、V7Classicシリーズ用パーツのご紹介でした。
すべて当店WebShopからもご購入頂けますのでご検討頂ければ幸いです。
また小金井店でもご購入および取付作業も承っておりますのでお近くの方は是非ご来店頂き実物をチェックして頂ければと思います。

★ご注意★
一部商品はお取り寄せとさせて頂いております。
欠品中商品に関しましては次回入荷予定などお問い合わせ下さい。

|

« マロッシ商品入荷情報です。 | Main | APRILIA AUTUMN CAMPAIGNのお知らせです。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/52998845

Listed below are links to weblogs that reference MOTOGUZZI V7Classicパーツぞくぞく入荷中です!:

« マロッシ商品入荷情報です。 | Main | APRILIA AUTUMN CAMPAIGNのお知らせです。 »