« SHIVER GT ABSカスタムと新型SHIVERを御紹介します。 | Main | 本日納車させて頂きますMANA850を御紹介致します。 »

December 28, 2010

モトグッチィV7クラシック

シャチョーです。気づけば2010年も残すところ今日を含めあと4日・・・やりきれなかった事が沢山ありすぎて自己嫌悪ぎみです(涙)

そんな2010年も最後の最後にピアジオ最古のブランド「モトグッチィ」の販売準備を進める事ができたのが唯一の救いです。2011年はモトグッチィブランドを本腰を入れて販売していきたいと考えています。各バイク雑誌で特に注目を集めている「V7シリーズ」を中心とした専用パーツを多数リリースします。歴史あるモーターサイクルブランドにこそ出せる「渋み」をどう表現していけるかカネバンの挑戦は2011年も続きます。

Dsc_0513

今月のMOTONAVIでも「モーターサイクルオブザイヤー2010」で堂々の3位に入りました。ぜひとも記事を読んでいただきたいのですが、ハイスペック=楽しさでは無いと言う事が綴られております。

Dsc_0474

カネバン小金井店では試乗車をご用意してりますので一度お試しください。理屈抜きで面白い「ナナハン」って感じです。価格も100万円ぐらいのイタリア車でスタイル・雰囲気が◎さらに足つき性もそこそこ良いので女性の方にもお勧めです。不詳金子的にはハーレーのスポーツスター883の対抗馬としてあえて取り上げていきたいです。アメリカの下駄VSイタリアの下駄と言ったかんじでしょうか。

Dsc_0556

Dsc_0569

この質感で¥998,000(税込)!もちろんハーレースポーツスターも質感高く非常に良いバイクではありますが、あえてイタリアの下駄を選択する「通」な選択もアリだとは思います。

Dsc_0558

トライアンフのボンネビルやハーレースポーツスター、カワサキのWなど迷う選択肢は様々あると思います。しかしながら他のメーカーや車両に比べて現在のところ圧倒的に国内でのアフターパーツが無い!要するに誰にでも手軽に自分なりのカスタムや楽しみを共有できな部分に唯一のマイナスポイントがあります。

車両自身のポテンシャル・価格・スタイリング・質感などは正直全く見劣りしないどころか、自己表現できる真の意味での大人カスタムのベースと考えれば突出して最高ランクにあると考えます。

2011年は「V7シリーズ」年初からガンガンやっていきますので興味のあるかたはブログやカネバンWEBをチェックしてください。

|

« SHIVER GT ABSカスタムと新型SHIVERを御紹介します。 | Main | 本日納車させて頂きますMANA850を御紹介致します。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/50423642

Listed below are links to weblogs that reference モトグッチィV7クラシック:

« SHIVER GT ABSカスタムと新型SHIVERを御紹介します。 | Main | 本日納車させて頂きますMANA850を御紹介致します。 »