« Aprilia Scarabeo400i.e.中古車入荷のお知らせ | Main | RS50ピュアジェット ビアッジモデル!限定 »

November 01, 2009

RSV4 ファクトリー 詳細画像

シャチョーです。31日・1日は小金井店の手伝いで来ておりましたが毎週末の事ながら、パーツ取り付けやオイル交換などで多くのお客様にご来店頂いて賑わっております。しかも今週はRSV4ファクトリーの試乗会も合わせて行っていたのでいつもの倍ぐらいの忙しさを感じました。
アプリリアの試乗車を置いてここまで反響があったのは初めてです。遠くは大阪のお客様もいらっしゃった位なんで注目の程は抜群です!毎日試乗会を開いておりますので遠慮無くお申し付け下さい。

カネバンWEBのアプリリアRSV4サイトでご紹介出来ていない細部の画像をアップ致しますのでご覧下さい!

Dsc_0854

睨みつける様なヘッドライト廻り

Dsc_0841

Dsc_0846

フロントフェンダーはドライカーボン製。フォークはご存じオーリンズでインナーフォークはチタンコーティング済み。ブレンボモノブロックで強烈なストッピングパワー確保。タイヤは前後ピレリをチョイス。ディアブロ・スーパーコルサSP。サーキット仕様のコルサを一般道も使用できる様に内部構造を見直し直進安定性を確保、低温域でもグリップできるような設計になっています。

Dsc_0847

エンジンの搭載位置をアジャスト出来る機構が採用されており前後重量配分の微妙な調整とマシンの挙動を少し調整できる用です。一般ユーザーレベルでは必要の無いものですが常勝を約束されたレーシングマシンならではの必須項目です。

Dsc_0852

車体左側エンジンアップとシフトのステップ廻りです。試乗された一部のお客様に少しシフトしづらいという指摘がありました。ここはオプションのバックステップキットを入れるのが最善と思います。カネバンでご成約頂いているお客様も同様のご意見でバックステップキットを注文いただきました。

Dsc_0862

Dsc_0855

車体右側のアップです。ドライカーボンパーツが誇らしげに装着されているのもファクトリーならでは。エンジンに目を移すと鈍い光を放つマグネシウムパーツが鎮座しています。使うかどうかは?ですがカセット式ギアボックスが収まっており素早いギアレシオの変更が可能になりました。

Dsc_0877

Dsc_0878

エキゾースト付近に設けられたリードバルブにより、排気ガスの一部を燃焼室に再循環させ炭化水素と一酸化炭素を削減しながら低付加域でのパワーデリバリーを向上させています。ファクトリーモデルはリアもオーリンズが入ります。

Dsc_0867

Dsc_0914

空力を最大限に意識したデザイン的はエッジが効いています。このデザインやテールフィンは洒落でもなければ大真面目の形状で、フルパワー仕様でサーキットを走れば時速300キロを超えるド級のマシンを安定させるのに必要と言う訳です。

Dsc_0916

Dsc_0917

タンクもむちゃくちゃ小さなデザインで風洞実験中に中野選手ができるだけ最高速を上げるため、伏せて走れる様に一回り小さくオーダーしたという逸話も残す。

Dsc_0915

Dsc_0872

タンクパッド一つにもRSV4の魂が注入されている。驚くべきはカウルを留めているボルト類、アプリリアレーシングという刻印が1個1個に入っている!すでに市販車の域を超えた芸術作品です。

Dsc_0892

Dsc_0896

Dsc_0898

レーサーさながらのハンドル廻り。雰囲気だけで酔いしれるひと時。ハンドル左側にはモード切り替えのスイッチがあります。モードは「トラック」「スポーツ」「ロード」という設定がいつでも手元でコントロールできあます。トラックモードは完全にサーキット走行用でアクセルに対してリニアな反応をします。しかしリニア過ぎて一般道で乗るには疲れてしまうので普段はスポーツかロードでの走行をお勧めします!

Dsc_0884

Dsc_0885

一応は二人乗りが可能なタンデムシートも付属されています。あくまでエマージェンシー的な物と捉えて下さい。交換は簡単です。

Dsc_0912

Dsc_0905

針のように細い車体と表現していますが嘘偽りはありません。ご来店して実物を見られた多くの方が「驚きの細さ」を体感されています。1000cc有るとは思えない車体です。リアもピレリのディアブロスーパーコルサSPで190/55/17と言うサイズです。パターンを見てもお判りの通りスリックライクなタイヤです。時速300キロで走る為には当然の装備でしょう。

Dsc_0906

ホイールは鍛造アルミホイールで前作のRSVファクトリー(V2)より前後合わせて1kgも軽量化したという一品。これでいて剛性はアップしたという事なので驚きです。リアは220mmディスクにブレンボフォローティングキャリパー32mmピストン対向2ポットをチョイス。

Dsc_0920

Dsc_0908

スイングアームもピン位置を交換できるアジャストタイプ。フレームにも採用されている技術ですが、アルミ鋳物と押し出し成型されたアルミニウムを溶接にて接合し高強度と軽量化を同時に図る手法がとられています。バネ下重量の低減は即走りにフィードバックされますのでセッティングの幅が大きく広がります。

テールの画像は2人乗り用のペグペダルを取り外した所。作業的にはあっという間です。タンデムをされない方はこのすっきりとしたテール廻りがベスト!

Dsc_0900

ステアリングダンパーにもオーリンズが装着されています。写真はカウル内部を撮影したもの。コンパクトなフロント廻りだけに隙間なく色々な物が詰まっています。

アプリリア・ピアジオストアーとしてこのフラッグシップモデルを多くの方に見て・触って・乗って頂く為に毎日試乗会を行っております(雨天のみ中止)。試乗して頂いた方にはもれなくアプリリアステッカー・業務用高分子ポリマーシャンプー・メンテナンスポリマー剤・ファイバークロスなどをセットにし、皆様にプレゼント差し上げています。

国産SSマシンにも負けない機動力と走行性能、他の外車メーカーに類を見ない程の豪華装備を引っさげて「日本市場」を直撃中です!アプリリアと言うメーカーの技術力をカネバン小金井店ショールームにて確かめて下さい。必ずご満足頂ける1台です。

 


 
















 


|

« Aprilia Scarabeo400i.e.中古車入荷のお知らせ | Main | RS50ピュアジェット ビアッジモデル!限定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/46645686

Listed below are links to weblogs that reference RSV4 ファクトリー 詳細画像:

« Aprilia Scarabeo400i.e.中古車入荷のお知らせ | Main | RS50ピュアジェット ビアッジモデル!限定 »