« GILERA RUNNER STカスタムのご紹介です。 | Main | 早くも登場PIAGGIO MP3 400FLカスタム車両のご紹介です。 »

February 02, 2009

どうなる!どうする?ガラスコーティング

シャチョーです。おととい渾身の力を込めて中古車のMP3の記事をブログにアップしたのですが、時すでに遅し・・・小金井店にてご成約いただいており石田部長にわずか10分で完全消去されるという憂き目に遭いました。

と、いうわけで皆さまとは久しぶりの再会を果たした、わたくし不詳金子でございますが、なんだかんだと好調のピアジオMP3の新型のおかげでバタバタと忙しい毎日を過ごしております。特にMP3-400FLの圧倒的な人気は本物で多くのご成約とご予約をいただいており、ご質問などのお問い合わせ件数までを考えると注目度の高さが際立ちます。

新型MP3の大人カスタム仕様車も近日中にアップ予定ですので期待して待っていて下さいね!そんな大人カスタムの中でも超がつくほど定番となっているメニューに「ガラスコーティング」というものがあります。4輪業界では結構メジャーな存在となっているコーティングメニューなんですが果たしてどういったものなのか?知っている方もそうでない方も一緒にご覧ください。

Dsc_0005

ご紹介するにあたりドナーとなっていただいたのは昨日の日曜日、小金井店に入庫した新車のGTS250IEです。他店様にて新車ご購入の車両だったのですがカネバンとしてはどこで買った車両でも喜んで作業させていただきます!修理・カスタム・パーツ販売から塗装やガラスコーティングなど何でもお気軽にご相談ください。

しかしながら一部どうしても入庫をお断りするケースがあります。それはピアジオ・アプリリアに関する「並行輸入車」です。正規販売店以外で売られ問題の「並行輸入車」なんですが修理はおろか取り扱う事すら許されておらず、万が一の故障があっても並行輸入車にはメーカーからのパーツ供給も期待できません。カネバン以外でお買い求めの際には各メーカーのWEBサイトで必ず正規ディーラーかどうかを確認してからお買い求めくださいね。

Dsc_0003

で、話戻りましてこちらは当たり前の正規モノ。新車でご購入されて自走にて入庫していただきました。さすがに新車だけあってモチノロンできれいなんですが、イタ車の泣き所でもある塗装の品質についてはお世辞にも最高級とは言い難い状態です。でも絶対に勘違いして欲しくないのは、世界の自動車・バイク文化の中で日本人の基準が高いだけであってピアジオの塗装が悪いわけでは無いんです!日本車が綺麗すぎるんです!と言いつつも重箱の隅をつつく様な写真を一枚。背景の写り具合に注目してください。少しかすんで見えます。

かくして作業をスタートする事にしましょう。まずこの塗装表面をポリッシャーという塗装を磨くための専用の機械で表面をゴシゴシ磨きまくります。ガラスコーティング作業の時間のうち約7割がこの磨き作業になります。当然出来上がりもこの磨きが作業が大きく影響する事は言うまでもありません。そんなこんなで磨きが終了すると↓

Dsc_0011

ポリッシュの際に邪魔になるようなリアキャリアなどのパーツは外して磨いています。どうですか?何も塗らなくても純正の塗装をちょっと(ちょっとではないんですがネ・・・)磨くだけでこの濡れたような高級感ある艶!この辺が塗装屋さんの腕の見せ所となります。

このピカピカの状態から一度表面を脱脂します。脱脂とは読んで字の如く油分を表面から取り除く作業になり専用の薬品やシャンプーを使って念入りに落とします。その後はお待ちかねガラスコーティングの塗布とフッ素皮膜の塗布になります。

Dsc_0018

Dsc_0020

蛍光灯の写りこみを見てください!純正のブラックでも高級感ある「漆黒」を表現することができます。ちなみにヨーロッパの塗料とクリアーは世界一の性能を持っています。しかしながら塗装が下手なんですよ・・・向こうの人は・・・。

まず、ベースとなるガラスコーティングは無機ケイ素皮膜を形成するタイプで1時間で完全乾燥し7日~10日間かけて完全硬化にします。完全硬化した後の皮膜は理論値で高度9H以上の固さを実現します。9Hってどのくらい固いのか?というと理論上ガラスと同等の高度と言われています。

Dsc_0024

ベースとなるガラスコーティングを入れた後シリコン変性タイプのフッ素樹脂を表面に塗ります。これも30分程度で乾燥し超撥水と深みのある艶を演出してくれます。上の画像はボディーサイドのアップなんですが背景の写りこみに注目してください。

Dsc_0027

ハンドル廻りもご覧の輝き!塗装屋の意地があるんで徹底的に磨きこんでます。

Dsc_0032

フェンダーについているメッキメッキパーツにも施工してあります。プラスチック製品から鉄、アルミ、メッキ製品さらには樹脂製のスクリーンまで何でもこいです!ベースとなるガラス皮膜は耐久10年以上の性能があり、何度でも上から塗り重ねて施工ができます。

Dsc_0034

お預かりして約4時間かけて作業終了!その後のお手入れは水洗いだけでOKです。飛び石による損傷などを防ぐ効果もありツーリングライダーにはおススメのメニューでございます。

簡単なご説明で申し訳ないんですがお判りになりましたでしょうか?詳しい理論はさておいても愛車がきれいになるのは大賛成ですよね!車両をお借りいたしましたこちらのお客様にもご満足いただけた様でうれしく思います。

最高級ガラスコーティングについての施工料金ですが新車時の施工を前提とした概算金額でGTSクラス¥36750(税込)MP3クラス¥31,500(税込)スポーツシティー・ランナークラス¥31,500(税込)RS125・RSVクラス¥42,000(税込)シバ・ドルソデューロ・マナクラス¥31,500-です。

もちろん塗装のくたびれた中古車にも効果大のガラスコーティング!本格的な春のツーリングシーズンを目前に控えて車両整備と共にガラスコーティングなんてメニューいかがでしょうか?まずはお気軽にお問い合わせください!

|

« GILERA RUNNER STカスタムのご紹介です。 | Main | 早くも登場PIAGGIO MP3 400FLカスタム車両のご紹介です。 »

Comments

 こんばんは。先日は丁寧な作業をして頂き有難うございました。満足しています。他店購入の車両にも拘わらず快く対応して頂き感謝です。店の雰囲気も良かったですよ!今度はビレットのレバー(銀)を買いたいです。でも欠品中なんですね・・。残念~。

Posted by: Tom | February 04, 2009 at 10:40 PM

Tom さん
先日はありがとうございました!
少しずつカスタムしていくのもベスパの楽しみですよね
カネバンで出来る事があれば何でもお問い合わせ下さい。

Posted by: シャチョー | February 05, 2009 at 01:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/43935332

Listed below are links to weblogs that reference どうなる!どうする?ガラスコーティング:

« GILERA RUNNER STカスタムのご紹介です。 | Main | 早くも登場PIAGGIO MP3 400FLカスタム車両のご紹介です。 »