« どうなる!どうする?ガラスコーティング | Main | PIAGGIO MP3 400FLカスタムのご紹介です。 »

February 11, 2009

早くも登場PIAGGIO MP3 400FLカスタム車両のご紹介です。

ご無沙汰しております、石田です。

「最近BLOG更新してませんね。」とお客様にお叱りを受け重い腰を上げたという訳ではないのです。本店塗装主任引田が流行の最先端であるインフルエンザに取りつかれ、先週の火曜日から今日現在まで職場復帰出来ないと言う最悪の状況に、頼みのシャチョウはその間7日程出張に、その負担が本来は板金担当の三枝、清水に全てにのし掛かり、そのイライラの矛先が小金井店の石田向けられるといった悪循環、インフルエンザスパイラルに陥ってしまい通常業務を行うのが精一杯な状況でした。(ただの言い訳です・・・)そんな中、本日納車させて頂きましたピアジオMP3 400FLをご紹介させて頂きます。

Img_3903


Img_3879

ハンドル廻りは、DAYTONAのパラレルミラーのメッキタイプ、TANAXのレーダー、2輪車ETC車載器、当店オリジナルのエクステンションマウントを取り付け。ハンドルスイッチ、センターカバーのシルバー部分はボディー同色のグラファイトブラックで塗装しております。

Img_3891

マフラーはレオビンチの4ROADに変更し、リアショックはスプリングをレッドに塗装、ローダウンマウントを取り付け30㎜程車高を下げ足付き性が向上しました。

Img_3919

足付き性向上と言えば、シートあんこ抜き、張り替えも忘れてはおりません。MP3RLではおなじみだったこの加工、シート形状が変わった250/400FLでも加工可能です。張り替え、アンコ抜きは当店販売車両でなくても加工をお受けしておりますので、足付きが気になる方は遠慮無くお問い合わせ下さい。

Img_3910

タンデムグリップ部分のシルバー塗装部分をボディー同色に、FLモデルにはバックレストが付いているのですが、GIVI製のバックレストに変更する辺りはオーナーの拘りが垣間見れます。

Img_3906

プーリーカバーもボディー同色に。

Img_3908

シート下のV部分のシルバーもボディー同色に、しかしステップボードはブラックタイプではなく、シルバーをあえて選択しました。

Img_3900

FLモデルになって大きくなったスクリーンをRLの純正スクリーンに変更、そのスクリーンをボディー同色塗装、フロントグリルのシルバーもブラックアウト、ホイールはブラックメッキに塗装と「これでもか!」と言った感じです。

Dscf1316

そして極め付けは、ロービーム、ハイビームHID4500Kとバルブ類総LED化、そして最近御依頼件数が多い、LEDイルミネーションを・・・・・

Dscf1310

フロント

Dscf1306

リアにLEDチューブを設置しアンダーカウルには・・・

Dscf1309

ちょっとピンボケですが、スポットLEDを埋め込みました。

Dscf1322

こんな感じに仕上がりました。以前このMP3のオーナーが乗っていたブラバスをイメージして見たのですが、スポットが少し広角気味でブラバスのそれとはちょっと違う感じになってしまいましたが、あまり派手過ぎず上品な感じに仕上げる事ができました。

Dscf1323

これからはBLOG更新を頻繁に行いたいと思いますので、どうか皆さん暖かい目で見守って頂ければ幸いです。




 


 

|

« どうなる!どうする?ガラスコーティング | Main | PIAGGIO MP3 400FLカスタムのご紹介です。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/44032215

Listed below are links to weblogs that reference 早くも登場PIAGGIO MP3 400FLカスタム車両のご紹介です。:

« どうなる!どうする?ガラスコーティング | Main | PIAGGIO MP3 400FLカスタムのご紹介です。 »