« 現状放出!ランナー180FXR | Main | ビジネスショーに出店します »

March 06, 2008

APRILIA SL750 SHIVER

こんばんは、石田です。
ここの所のポカポカ陽気のおかげで、お客様の問い合わせや、ご来店が多くなりいよいよ2輪車シーズン到来だと実感させられ気合いが入ります。気合いが入ると言えば新店舗にも気合いを入れて取り組んでおりますが、奥多摩と新店舗の行ったり来たりで疲労もピークな上に、昨日照明の取り付けを行ったのですが、ずっと天井を見上げていたせいで本日は首が痛くアンメルツのお世話になっております。
本日ご紹介させて頂く車両は、APRILIA SL750 SHIVER(SL750 シヴァ)です。

S04

続きはこちら↓

シヴァの特徴で有るリアビューはサイレンサー、テールの一体デザインとなっております。しかもこのマフラーはフレームのサイドにサスペンションユニット採用した事で、コンパクトな上に排気効率の良いマフラーに仕上がっています。

S05

S07

画像では一見シングルに見えますが、エンジンは新開発のV90 ツインシリンダーで最大出力95HP(9,000RPM)、最大トルク81Nm(7000RPM)の高出力エンジンとなっております。そのエンジンを包み込んでいる、ひときは目に付くゴールドのフレームですが、アプリリアのレースモデルであるRXV、SXVのフレームを発展させ、軽量かつ高硬度でかつコンパクトな車体作りに一役かっております。

S03

いざ走り出すと、750ccの割にトルクフルかつ非常に扱い易いエンジンに驚かされました。これはエンジン特性もあるのですが、2輪車初のフライバイワイヤー(アプリリアでは、ライドバイワイヤーと言います)を採用した事にも起因していると思われます。これは日本語で言うと電子スロットルワイヤーと言ったら解りやすいかと思います。これはスロットルの開閉を電子制御にするといった単純なものではなく、スロットルを操作した時の、エンジン回転数、ギアポジション、排気温等で適切なガソリンを送り込んでくれますので、へたくそな自分でも少しうまくなったような錯覚を起こす程、スムーズな走りをしてくれます。

S02

しかもシヴァは、レイン、ツーリング、スポーツのモード切替がボタン一つで出来るので、その時の走行シーンにあったモードで走行可能です。

S01

カネバンでは、今月中旬を目処にシヴァ用のHIDキット、ETC取付キットの制作が進行中です。また試乗していて気になった足付きの問題なども解決するべく色々算段中です。この辺りはブログで随時ご報告させて頂きます。また当店では試乗車、展示車をご用意する予定ですのでこの辺りも入荷時期など決定次第ご報告させて頂きます。

|

« 現状放出!ランナー180FXR | Main | ビジネスショーに出店します »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77365/40400279

Listed below are links to weblogs that reference APRILIA SL750 SHIVER:

« 現状放出!ランナー180FXR | Main | ビジネスショーに出店します »