« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

June 26, 2007

23日 アプリリアデイの件です。

こんにちは、石田です。
ココの所凡ミスが多くちょっと凹み気味だったのですが、追い討ちをかける様に先日重大なミスが発覚致しました。それはAprilia Dayの1日前の22日の事でした。勘違い、思い込みと言うのは大変恐ろしいもので、24日の日曜がAprilia Dayだと1ヶ月程前よりインプットしてしまっていた石田に「それは23日では?」とお客様よりご指摘頂き「まさかー そんな訳無いじゃん」と思い調べるとご指摘通り23日と判明。24日目安で持っていく車両を組もうなんて思っていたのですが・・・・そこから慌てて車両の準備に取り掛かって、車に積み込み終わったのが前日の夜1時過ぎとなってしまいました。 

FISCOのショートコースを借り切って、行なわれたこのイベントは試乗、サーキット走行会、現役レーサーによるデモラン、イタリアンランチと盛り沢山の内容。
(試乗の為に用意された車両はナント13台↓)

Pict0889

試乗車は、SR50R、RS50等の50cc車両からApriliaのフラッグシップであるRSV 1000まで用意されていたのにはビックリ!そこの中でも非常に物欲が刺激された一台がコレ↓

Pict0888

RSV 1000R Factory MY07 定価¥2,300,000の代物ですので物欲が刺激された所で衝動買い出来る代物では有りませんが・・・・ 

アプリリアの社長であるアンドリュー クレイトン氏より開会挨拶で始まったAprilia Day。8時を過ぎた辺りから、参加者もゾクゾクと集まって来ました。

Pict0893

Pict0921

Pict0923

試乗が始まると会場は慌しくなり、Aprilia社員方は忙しそうに動き回っていらっしゃいました。

Pict0930

Pict0918

前日まで組んでいた車両はスカラベオ250i.e.、スポーツシティー250i.e.の2台。正直納得が出来る仕上がりではなかったので、「マジマジと見られたらどうしよう」と不安だったのですが、心配は徒労にAprilia Dayに来ていたお客さんはスクーターには余り関心が無いのか、試乗に夢中だったのかマジマジ見る方は殆どいらっしゃいませんでした。

Pict0900

Pict0898

最後に全員参加の記念写真でAprilia Dayは終了。正直Aprilia販売店、一般の参加者がもう少し多ければ盛り上がるのでしょうが、この辺りはApriliaさんに来年、再来年とイベントを続けて頂き、認知度を上げていくしかないと思いました。来年は当店もお客様を引き連れ盛り上げに一役買おうと誓いつつ、それより開催日時を間違えない様にしなきゃと心に誓った次第です。

Pict0933

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2007

MP3専用 HIDキット販売です。

こんばんは、石田です。
週末23日に富士スピードウェイで行なわれる、アプリリアデイに向け展示予定のSport city 250i.e. Scarabeo 250i.e.のカスタム車両製作中です。正直間に合うかギリギリのスケジュールの中、御問い合わせの多いMP3専用HIDキットが完成致しましたので報告させて頂きます。(実は先月始めには完成していたのですが、正式に紹介するのを忘れておりました)
価格は、HID4500K(4500K本体、電圧降下防止リレー、専用ステー)で\31,500となっております。また6000Kは\34,125、8000Kは\36,750となっております。また、ステーのみの販売はおこなっておりませんので予めご了承下さい。

Pict0876

取り付け位置等は、こんな感じです↓

Pict0867

Pict0869

MP3はフロント廻りに可動部分が多いので、いい加減な取付を行なうと配線を切ってしまったり等の故障原因となります。(実際に先日他の用件で入庫した、MP3にいい加減な取り付けが行われていて危うく断線寸前という事も有りました) 今回販売させて頂きますHIDキットには、勿論取り付け説明書もお付け致します。しかしj取付にはフロントカウル、サイドのカウルを外す必要があるので、正直誰にでも取り付け出来るものでは御座いません。自信の無い方は、ショップでの取付をお勧め致します。

Pict0878

取り付けてが無事済めば、こんな明るさを手に入れられます。HIDは一度経験してしまうと通常バルブには戻れなくなってしまう恐れがありますのでご注意下さい。 販売方法ですが、申し訳有りませんWEBSHOPでの販売には暫く時間が掛かりますのでメール、FAXでのご注文をお受け致します。お手数お掛け致しますが宜しくお願い致します。

メール tanzaburoo@kaneban.jp FAX 0428(85)1575
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2007

先日の10日の件です。

こんばんは、石田です。
こんなブログでも見て頂いている方が多くいらっしゃる様で「ブログ見てますよ!」と言って頂くケースが多く、非常にお恥ずかしい限りです。

先日10日の事です、FISCOの本コースで旧車が走れるよ!イベントがあるとの事で(正確にはMCFAJ公式レースの中のLOCという旧車の枠です。http://www.mcfaj.org/rr.html )関西方面ではツルさんでおなじみのS氏から「1人ではちと不安なのでメカニックとして一緒に付いて来てはくれまいか、ついては日当\100,000で良いかな?」との打診が有り、「S氏にはお世話になりっ放しなのでお金なんて結構ですよ!」と快諾、和気あいあいとFISCOに向かったのでありました。(本当は朝5時に自宅を襲われ、ほぼ拉致に近い状態で車に押し込まれた次第です)

当日午前中は雷を伴う大雨!サーキットは川と見まがう状況に午前中の予選はキャンセル、御殿場のアウトレットでも冷やかしにいくか・・・と諦め掛けた12時過ぎから雨は小雨にしかも、雲の陰からお日様が!そこからの天候の変わり様は目まぐるしく、ウエットコンディションだったサーキットはみるみるドライコンディションに。

御殿場アウトレットモードからレースモードに切り替え、本選をぶっつけ本番で走る事に(ちなみにS氏はFISCOの本コースは一度も走った事が有りません)早速エンジンを掛けようとLAMBRETTAを押した所、エンジンは掛かる気配が全くなし。オッサン2人が汗だくになりながら押しては、エンジン調整、押して、エンジン調整を繰り返し、1時間程経過した辺りで無常にもLOCクラスの走行時間に・・・・・
「最後にキャブのジェットを一新して、ダメだったらLAMBRETTAをブン投げて1人電車で帰ろう」と心に決めた最後の押し掛けで、奇跡のエンジン始動!慌ててツナギを着させたものの、一緒に走るLOCクラスの皆さんはもうフォーメーションラップを行なっており、FISCOのクルーに土下座で頼み込んで(コレは大げさ)「ピットスタートだったら良いよ」とのありがたいお言葉。LOCクラスの皆さんが第一コーナーを曲がったのを確認して、ようやくコースイン。

ちなみに通常石田の書くブログは写真に逃げるのですが、ココまで一枚も写真を撮っていませんでした、しかも持っていたデジカメの性能では走行中のLAMBRETTAの勇士が米粒程しか写っていない始末、以下は見づらい画像ですがご了承下さい。

Pict0809

Pict0804

Pict0802

徐々にペースが上がり、最終的には2分55.158秒までタイムを縮めFISCOの長ーいストレート(1.5kmあるそうです)ではLAMBRETTAで150kmオーバーを記録する等、エンジンが掛からなかった事を忘れる程の結果に本人は大満足のご様子

Pict0823

にいっしょに走ったバイクはこんなに早そうなヤツばっかりです。

Pict0812

ノートンマンクスにシーリー(エンジンはBSAゴールドスターか?)

Pict0813

ノートンにトラのボンネビル、アエルマッキ、ドカティー等早々たる面子の中、邪魔なLAMBRETTAの走行を許可して下さった主催の方、文句を言わずに一緒に走ったくれたライダーの方にS氏に変わって感謝致します。また9月のレースにも参加させて頂きますのでお手柔らかにお願いします。

ちなみに翌日、翌々日は酷い筋肉痛でぎこちない動きをしていた石田でした。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 11, 2007

07年本命!スポーツシティー250IE

『最近始めたんでしょ?アプリリア。調子どう?』などと各方面から軽いジャブをもらいつつカネバンWEBにすらアップされてない現状に焦りの色は隠せません。こんばんはシャチョーです。

何もやってないわけじゃないんですよ…イヤホントニ…。国内最大のアプリリアのお祭り6月23日開催『apriliaDAY』までには何とかアップしないと肩身が狭すぎるっ。

バタバタしながらも製作してみました!コチラ↓の車輌。個人的には07年の本命とまで思っていますスポーツシティー250IE。

004_5

今回はお客様のオーダーで制作された車輌ですがソリッドブラックにオールペン、ホイールも同色とし赤いピンストを入れました。もちろんお約束のHIDとETCはバッチリ装着。

003_3

純正のボックスも塗装し装着してみました。ワンタッチで取り外しが可能、形も◎でフルフェイスのヘルメットが余裕で納まるサイズ。前後15インチというハイホイールはすらりとした車体イメージをより強調しています。心臓部はピアジオクオーサーエンジン搭載で250ccインジェクションの走りはまさに別格。軽い車体とのマッチングによって峠からシティーユースまで負けナシのダッシュ力!しかも純正車輌価格は税込み¥469,000-ってコストバリュー良すぎ!この素材でこの値段。駄目押しで言うならばアプリリアジャパンという会社は非常にしっかりしていてよほどのパーツを日本国内にストックしていて即デリバリー可能。車輌2年保証も品質に絶対の自信があるからできる事でしょう。

005

話は戻ってシートですがこだわりのアンコ抜き。シート前方のツバは残しておき着座部だけを微妙にスムージング。これによりホールド感を損なわず足つき性も向上、さらに見た目も◎ということで良いこと尽くし。今回はお客様のご要望でタンデム側を赤で張替え車体のアクセントとしています。

002_4

今週末から開催のオートサービスショーにて正式発表する国内最高峰のガラスコーティング『ナノグラスベール』をモデル車輌として施工しました。ガラスコーティングなんて…とおっしゃる貴方は見ていただきたい。従来のものとは別格!完全無機のガラス質、「ポリシラザン」を業界に先駆けて使用し高耐久性を実現。さらに写真を見ても判るとおり黒の深みも格段に上質。

001_3

カネバンではこの「ナノグラスベール」を今後販売・施工していきます。ガラスコーティングについて詳しくは今週末15日からビックサイトで開催のオートサービスショー(前田機工ブース内)でご覧頂くか、今後ブログ内でご紹介しようと思っています。値段は未定ですがMP3やスカラベ等を重点的に施工していきたいと考えています。

最近自分でも何屋なんだかわからなくなってきた三十路手前のシャチョーでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 02, 2007

臨時休業のお知らせ

シャチョーです。久しぶりのブログ登場となりました。相変わらずのヒゲ面で一生懸命頑張っております。

突然ですが臨時休業します…と言っても6月4日と5日の2日間ですが。スタッフ一同から『乳酸が溜まり過ぎてムリ』との報告を受けて決定しました。さすがに4月から休み無く走り続けたんでしかたないかと。

お客様にはご迷惑をお掛けしますが語ご了承下さい。

不肖金子はと言いますと明日、朝一番で岩手県に入ります。2日間の予定で例の銀鏡塗装ナノAgの講習会を開いてきます。地元でのテスト運用も終了していよいよ全国展開のスタートです!特に東北地方ではご賛同頂いたボディーショップさんならびに塗料販売店の方々の応援もあり全国に先駆けてスタートできる事を非常にうれしく思います。

すでに全国のボディーショップ様からご注文を頂いており数ヶ月は全国を飛び回る事となります。全国のビジネスホテルに備え付けてあるビデオカードをコレクションしてみようかと思う今日この頃でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 01, 2007

MP3専用GIVI製スクリーン、ボックスステーです。

こんばんは、石田です。
MP3オーナーの方お待たせ致しました、兼ねてから多数御問い合わせ頂いておりました、MP3用GIVI製のスクリーン、モノロックケースキャリアーの販売目処が立ちましたのでご紹介させて頂きます。入荷は7月末を予定しておりますので、お客様へのお届けまでにちょっと時間が掛かってしまい本当に申し訳無いのですが、大変良い商品ですので「待っていた甲斐があったよ」と言って頂ける商品だと自負しております。

Mp303

Mp302

GIVI製スクリーンは、ノーマルスクリーンと純正の大型スクリーンの中間といったサイズです。色々な所を走って来ての感想ですが、小さいノーマルスクリーンですと高速走行で風圧がきつかったのですが、このスクリーンは丁度良いサイズで高速道路でも楽に走行が出来ました。また気になる取り付けは、ノーマル風防の部品を一部使用致しますが10~15分も有れば取り付けが可能です。

Mp307

GIVI製モノロックケースキャリアはステー、キャリアベース、背もたれ風のカバー、取り付け用のボルト類が含まれております。部品点数はスクリーンに比べ多いですが、取り付けは比較的簡単に出来ると思います。一つ注意点と致しましては、このキャリアを取り付けた場合、リアのトランクが上まで開かなくなってしまいますので、フルフェイスのヘルメット等が入らなくなってしまう可能が有ります。しかし個人的にはヘルメットはボックスに入れちゃえば良いんだと思いました。(リアトランクが完全に開かないと嫌だと言う方には純正ボックスをお勧め致します。)

Mp309

E470はフルフェイスのヘルメットが二つ収まる容量が有りますので、ツーリング等に重宝すると思います。

Mp308

個人的にはこの位の大きさがMP3の車体には似合っていると思います。

もう少し小さいサイズE370(39ℓ)の画像はコチラ↓

002_3

E470だとちょっと大きすぎるなーといった方にはこの位のサイズは如何でしょうか?

003_2

E370はフルフェイスのヘルメットは一つしか入りませんが、ジェットタイプのヘルメットであれば二つ入ってしまう容量が有ります。

001_2

さて気になるお値段ですが、GIVI製フロントスクリーンは\18,000(税込み\18,900)です。またGIVI製ボックスステーは単体での販売価格は\19,500(税込み\20,475)、GIVI製E470ボックスセットは、\56,500(税込み\59,325)、GIVE製E370ボックスセットが\46,500(税込み\48,825)となっております。勿論E470、E370のボックスカラーは、MP3純正色のシルバーメタ、ブラック、アズロスカイ、チェリーレッドの4種類からご選択頂けます。

本日よりご予約の受付をさせて頂きますので、お名前、ご連絡先、ご希望の商品(フロントスクリーン、モノロックキャリア単品、E370、E470のボックスセットご希望際はご希望のカラー)を明記して頂き。メールtanzaburoo@kaneban.jp FAX 0428(85)1575までご連絡頂ければ、ご返信致しますので宜しくお願い致します。

ユーロ高の最中、出来る限りこのお値段でご提供する様に努力致しますが、耐えきれない場合もあるかもしれませんのでその辺りご了承頂ければ幸いです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »